整体で骨の歪みを治して、元気な身体にしましょう

様々な効果

お茶を飲む

鍼灸治療で効果が実感できる疾患といえば神経痛や関節痛・肩こりや腰痛などが思い浮かびますが、それだけでなくほかのつらい症状や病気にも効果を発揮します。鍼灸で治療できる疾患には実は風邪や気管支ぜんそくなどの呼吸器系をはじめ、高血圧や動脈硬化などの生活習慣病などもあります。また更年期障害やストレスによる自律神経失調症などの不快な症状などにも、鍼灸の効果を実感することができます。ちなみに鍼灸治療は最近、西洋医学の代替医療として注目を浴びはじめていて、WHO(世界保健機関)ではさまざまな症状や疾患に対して鍼灸治療の有効性が認められています。また健康保険の適用内で鍼灸治療を受けることができる症状や病気も、以前に比べるとずいぶんと増えてきました。

このように古くからある鍼灸治療は、伝統のある代替医療として世界に認められています。また鍼灸による治療効果は各地の大学や医療機関・東洋医学の専門家の間でも積極的に研究が進められています。例えば鍼や灸を用いたツボの刺激はモルヒネと同じように鎮痛物質の遊離を促し痛みを抑制する作用や、血流を促すことでリンパ球の流れも改善し自律神経や免疫力向上に役立つというデータも出てきています。しかも医薬品のように副作用もほとんどありませんので、安心して治療を受けることができるのです。西洋医学だけでは物足りなかったり不安な部分を東洋医学である鍼灸などの代替医療と併用することにより、医薬品による副作用も最小限に抑えることができますし、リラクゼーションで身体や精神的な負担を少しでも軽減することができます。